今月の​Slowな人・モノ・コト

0415.jpg

「働くこと」を通して、わたしが、地域が元気になる。兵庫県但馬の山間地で子どもたちが地元の森と触れ合いながら育っていけるようにと事業を展開するネクストグリーン但馬の名城千鶴さん、宮城県登米に東日本大震災の復興支援として赴任し、手作りで地域住民と仕事おこしに取り組んできた竹森幸太さん。若い二人の森とのかかわり方、森を通して地域とどうつながり直していってるのかを、ワーカーズコープの運動に魅了されている辻信一さんが聞いていきます。私たち自身の「生きるよろこび」を考えるきっかけにしてみませんか?

>>イベント詳細はこちら

blog_banner.jpg

28年間に渡っての大学での教員生活を終え、2020年4月より晴れて?無位無職となった辻さん。時間に余裕ができたことで、ナマケモノ倶楽部ブログにもコーナーをもっていただけることになりました!スローな思想、世界で起きている問題や話題から考えていることなど、気軽に書き込んでいただきます!

​>>Slothophy 辻信一のぶらぶら雑記帳を読む

Slothophy 新着記事(全カテゴリ)

“友産友消”とは、友だちが生産したものを、友だちで消費すること。

どのくらい仲良しだと“トモダチ”なのか? 友だちどうしの「生産」と「消費」の先に、どんな未来が待っているのか?

 

まだ定義ははっきりしないけれど、このサイトは、友産友消=トモトモが「なんだか楽しそう!」とひらめいちゃった人たち、すでに実践している人たちの「物語(ストーリー)」を集めて、紹介して、あらたなトモトモの関係性が生まれることを目的としたサイトです。

© 2020 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

© theslothclub2020