• 辻信一

ミャンマーにおける和解、非暴力、そして民主的プロセスを呼びかける

最終更新: 2月15日

ぼくも参加しているエンゲージド・ブディズム国際ネットワーク(INEB)が発した声明を(英語のままだが取り急ぎ)紹介したい。


日本語訳が届いたので早速、紹介したい。


2021年2月9日

INEBは、仏教徒のみならず、他の信仰を持つ人や信仰に根ざす立場を取らない人など、多様な背景を持つ人々がアジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アフリカと全世界から集まって構成されています。私たちは、これまで慈悲の心と全体的で非暴力の方法による平和な社会づくりに長い間取り組んできました。その中で、暴力を用いることは紛争解決の手段として稚拙であり、耐え難き苦悩をもたらすことを知りました。

現在、ビルマ・ミャンマーで起きている状況において、私たちは暴力に頼らずに和解と民主化プロセスが再開できるのかどうか深く憂慮しています。この数日間、ミャンマーに暮らす何千人もの市民は、国軍が憲法に反するやり方で権力を掌握しようとしたことに対して、非暴力な方法をもって異議を示してきました。ほとんどが仏教徒である国軍は、これまでは市民に対して攻撃的な対応はしてきていません。私たちは、国軍が今後も武力を使わないことを心から願っています。

私たちは、国民民主連盟(NLD)による文民政権とミャンマー国軍が、宗教者、少数民族、市民グループ、88ジェネレーションなどのリーダーの協力のもとに、包括的な対話を始めるよう求めます。政府に属さないこれらのグループのリーダーは、NLD、特にアウン・サン・スー・チー氏と、国軍、特にミンアウンフライン国軍総司令官に、それぞれの本来の役割、つまり市民を統制する者ではなく市民の総意を代表する存在であることを再認識できるよう、自己を振り返るきっかけを生み出すことができるでしょう。

仏教徒の仲間として、NLDとミャンマー国軍に寛容(布施)、忍耐(忍辱)、自制(出離)を実践し、ミャンマーのすべてのいのちあるものに対して、以下に述べる十波羅密の実践をするよう求めます。それは、問題の根本的な解決につながることです。

― 正思惟と正定の実践として、ゆるぎのない正しい統治を築くこと。その統治下の元では地域、地方、国家、国際レベルでのそれぞれの利害がぶつかり合うことなく、誰かを搾取することなく、市民的権利と人権が確実に尊重される。

― 正見と正行の実践として、文化や思想の多様性とその全てを包括する姿勢が広がること。それが非暴力社会の屋台骨となることで、ミャンマーが力強い民主主義国家として繁栄する。

私たちは、これらの目標に賛同し私たちと共に歩む人たちが増えることを求めます。それによって、ミャンマーの問題を解決するための橋渡しと関係性づくりを続けることができるでしょう。








声明:エンゲージド・ブディスト国際ネットワーク

ミャンマーにおける和解、非暴力、そして民主的プロセスを呼びかける

2021年2月9日


The International Network of Engaged Buddhists Statement Calling for Reconciliation, Non-Violence, and Democratic Processes in Myanmar

09 February 2021


As the International Network of Engaged Buddhists (INEB), our members—Buddhists as well as those of other faiths and non-religious standpoints—represent a variety of peoples across Asia, and other parts of the world including the Americas, Europe, Oceana, and Africa. Our network has a long commitment to building peaceful societies together through using a compassionate, holistic and thoroughly non-violent approach. As Buddhists, we find violence an unskillful way of dealing with conflict that also leads to intolerable levels of human suffering.


Regarding the unfolding situation in Burma/Myanmar, we are deeply concerned that reconciliation be achieved and the restoration of democratic processes occur through nonviolent means. Images during the past few days have shown nonviolent discontent by thousands of people in Myanmar with the unconstitutional seizure of power by the military. The military, most of whom are Buddhist, have been shown not responding with acts of aggression against the people, and we fervently hope that they continue

to do so.


We urge the civilian government under the leadership of the National League for Democracy (NLD) and the military of Myanmar to undertake an inclusive dialogue process with the support of religious leaders, ethnic representatives, civil society partners, and ‘88 generation leaders. Such leaders from outside the government and military can create a reflective space in which the NLD, particularly Daw Aung San Suu Kyi, and the military, specifically General Min Aung Hlaing, may reconsider for themselves their true roles as representatives of the people’s will, and not their own visions as leaders or commanders of the people.


As fellow Buddhists, we urge them to practice generosity (dana), patience (khanti), and renunciation (nekkhama) to engage in service (dasa) to all peoples and sentient life in Myanmar, which will lead to longer term solutions, including:


☆ The firm establishment of right governance as an expression of right aspiration (samma-sankappa) and right concentration (samma-samadhi) in which local, regional, national, and international interests are harmonized to avoid the exploitation of others and ensure civil and human rights are honored as part of the system.


☆ Thewidepromotionofculturalandideologicaldiversityandinclusivityasanexpressionofrightview (samma-dithi) and right action (samma-kammanta), which forms the root of a non-violent society so that Myanmar can prosper as a vibrant democracy.


International Network of Engaged Buddhists (INEB)

INEB Secretariat Office : 666 Charoennakorn Road, Klongsan, Bangkok 10600 SIAM (Thailand) Tel. (+66) 081 803 6442 Email: secretariat@inebnetwork.org


We invite any partners who resonate with these goals to reach out to us so that we can continue to build bridges and connections that contribute to finding solutions in Myanmar.

www.inebnetwork.org https://www.facebook.com/INEB.BuddhistNetwork




71回の閲覧

最新記事

すべて表示

© 2020 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

© theslothclub2020